オトコがいないと生きてゆけない…

私は父の仕事の都合で小学校時代に3回もの転校をしました。なので、その場限りとなる友達もいれば手紙やメールのやり取りを絶え間なくするような親友もできました。その親友の一人が、とても面白い子で話すと楽しいから私も大好きだったのですが、成長するにつれて貞操観念の低いオンナと化してしまいました。

彼女は勉強が嫌いでした。そのため、市内でも勉強が嫌いでちょっと不良な感じの子が行くような高校に進学。そこはとても派手な女子が多く、そのグループにすっかり染まってしまったようでした。口を開けば彼氏と別れて寂しいからオトコが欲しい、抱かれていないから寂しくて眠れない、出会いを求めて夜の港や街中にナンパされに行くんだ、なんてことを平気で私に話してきました。対する私は恋愛にものすごく奥手なタイプなので、彼女の行動や言動があまり理解できませんでした。

そうこうしているうちにあまり会うことも少なくなっていました。ある時偶然に近所のお店で会った時、彼女のお腹が見事にふっくらしていることに気付きました。彼女は悪びれる様子もなく「こないだナンパされたオトコとの間にできちゃったんだー。彼と結婚して産むんだ!」と声高に言われて、私は驚きでおめでとう…と返すのが精いっぱいでした。

その後、無事に出産した彼女ですが、やはり出会いが出会いだっただけにその後離婚したと連絡をもらいました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です